脱毛に痛みはつきもの?

脱毛は文字通りムダ毛の処理をしていくものなので、未体験の人のほとんどが痛みに我慢できるか心配のようです。

たしかに、かつて主流だったニードル脱毛では針を直接皮膚に入れて処理していくため、それなりの痛みが出ていました。
それにより「脱毛=痛みがあって当たり前」という噂がまことしやかに語られるようになったようです。

その後、脱毛専門の医療クリニックを中心に採用されてきたのがレーザー脱毛です。
ニードル脱毛に比べるとずいぶん痛みの軽減が実現していますが、確実な効果を望めるだけあって、ある程度の意味はあるといわれています。

レーザー脱毛の痛みは、レーザーを照射するときに輪ゴムで肌を弾くような痛みが走るといわれます。また、レーザービームをイメージするとわかるように、一定方向に突き進んでいくレーザーは皮膚の一点に照射されるため、熱を持ちやすいのも特徴です。
この、痛みと熱さが相まってレーザー脱毛の痛みとされていると考えられます。

もちろん、痛みに関しては人それぞれで感じ方や我慢できる度合いが変わってきますので、一概に判断することはできないものです。

とくに、皮膚に直接アプローチする脱毛処理は施術後のトラブルの不安もありますので、脱毛サロンやクリニックが初回に行うカウンセリングでしっかりとその不安を伝え、必要な検査などを行ってもらうことをおすすめします。

施術のなかで痛みを感じやすくなることもあります。
そういったときは、我慢することなくエステティシャンやスタッフにレーザー出力を調整してもらえるよう伝えましょう。

プロの使う脱毛マシンならレーザーパワーの微調整もできますので、初めての場合、様子を見ながら少しずつパワーを上げていくことも可能です。
さらに、施術後のアフターケアも脱毛の痛みやトラブルを防ぐための大切なものです。

専用の冷却ローションやアフタージェルを使ってしっかりと熱をもった施術部位を冷やしてもらえば、痛みもなくなっていきます。

 VIO脱毛について