脱毛サロンと「勧誘」の上手なつきあい方

一時期ほどの強引な勧誘やセールスはなくなったといえ、いまでも脱毛サロンによっては問題になっています。
とくに心配なのが脱毛体験をした後に行われる勧誘行為でしょう。

格安でトライアルに受けに来た客に対して取り込みたい一心に、強引な勧誘をしてくるスタッフもいます。脱毛コースだけでなく、初回の段階で高額な美容用品のローンを組まされそうになったという体験談もあるほどです。

基本的に脱毛サロンに勧誘はつきものだ、というぐらいに認識しておいた方がいざというとき勢いでたたみ込まれないためにも大切です。
最初は雰囲気が良いと感じていたサロンでも、気が緩んだ頃にスタッフが入れ替わり立ち替わりで説得にかかってきて、強引なセールスに発展することだってあります。

とくに最近では、「はしご体験脱毛」や「かけもち体験」というのが静かなブームとなっています。脱毛サロン側も次々とお客が他の脱毛サロンに行っているのを前提に営業活動も考えられていますので、トライアルの囲い込みが強くなっているところがあるのも事実のようです。

勧誘の上手な断り方の基本としては、まず貧乏アピールをするのがいいでしょう。
とくに主婦であれば「主人に相談しなければ決められない」という言い方が無難です。
主人にも体験脱毛をしていると話しているなどといえば、無茶な勧誘はしてこないはずです。
またOLとして働いている場合でも「近々、結婚を予定している」「最近、マンションをローンで買った」などという逃げ方もいいでしょう。

最近は、来店しやすいようにアピールするため、勧誘やセールスは一切なしと公式サイトやパンフレットで明記している脱毛サロンもたくさんあります。こちらのミュゼが人気の理由も参考になります。
また、何かあるとすぐ消費者センターに相談する消費者も増えているので、接客には敏感になっているからです。

いざというときは本部に連絡したり、もし強引な勧誘で万一ローンを組まされたとしても最後はクーリングオフがあると思って、うまく脱毛サロンとつきあっていきましょう。